新着情報

会社や店舗の窓ガラスは強化ガラスを使用しよう!

会社や店舗の窓ガラスは一般のフロートガラスを使うケースは少ないです。
特に飲食店などは多額のお金がレジに入っていることもあります。
防犯上の兼ね合いからも強化ガラスを使うのが一般的です。

強化ガラスの特徴は衝撃に強いこと。
例えば外部から硬い物で叩いても簡単に割れません。仮に破損しても亀裂が入る程度で、完全に割れて破片が飛び散ることもありません。

強化ガラスは作成時に加熱した後、一気に急冷し、圧縮層を形成しています。
そのため、破壊しようとしても圧縮された力が働き、なかなか割れない性質となっています。

一般のフロートガラスに比べて3倍から5倍程度の衝撃吸収力を誇ります。
完全に貫通するまでかなりの時間を要しますので、それまでに防犯システムが作動すれば、不審者の侵入を許すことはないでしょう。

そして、強化ガラスは普通のガラスのように大きな破片はできません。
ボロボロと砂のように細かく砕け散る状態になります。
仮に室内に人がいても、外から衝撃を加えられて破片が人に当たってしまうこともありません。

安全性の高い強化ガラスは防犯上欠かせないガラスです。
店舗や会社の重要箇所には、こういった強化ガラス設置を検討しましょう。

お問い合わせはこちらから

2021.03.19