新着情報

ガラスが割れたら交換する意識を持つことが大切

私たちが生活する建物の窓ガラスは、換気を行ったり明かりを取り入れるためにとても大切な役割をしています。またこれは、住居に限らずオフィスや商業施設など、あらゆる窓ガラスで同じことがいえます。

しかし、ときに窓ガラスにヒビが入ったり、穴が開いたり、割れてしまったりする原因には、主に台風や突風、竜巻といった自然災害などによるものの他に、故意に割られてしまうケースやうっかり割ってしまうケースが考えられます。

どんな理由であったとしても、割れてしまったガラスは元通りにすることはできず、交換を行う必要あります。

応急処置として雨戸を閉めたりテープで貼ったり、ビニールシートや板で窓枠を覆ってしまう方法がありますが、これはあくまで応急処置であって、防犯を考えた場合できるだけ早くガラスを交換することが大切です。

ガラスにはさまざまな種類があります。明るく見えるもの、家の内部を見えにくくするもの、割れた際に破片が飛散しにくいもの、防犯効果の高いもの、断熱性の高いもの、防音性が高いものなど、高い機能を持つガラスもあります。

先ほどもお伝えしましたが、大切なことは、窓ガラスが割れたらそのままにせず、修理や交換を行うことが防犯上大切です。

ご自宅のカギの交換や合カギの作製、窓ガラスの修理・交換で気になることがございましたらお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

2022.01.20